めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

8割以上の放射性物質の放置を決めた福島除染計画

 福島第一原発事故で東電は1、900兆ベクレルの放射性物質が陸地にばら撒きました(1)。国は「除染」でこれを回収し、中間貯蔵施設に保管しようと計画しています。(=^・^=)なりに保管容量を計算したら316兆ベクレル分しかありません。全体の2割以下(約17%)しか回収しない計画です。福島原発事故で出た放射性物質8割以上は放置されます。

 見積もり方法は以下の通りです。
 ①分布を仮定する。
  (=^・^=)は放射性物質の濃度は指数分布だと思っています。1g当たりのベクレル数は
  セシウム134で 43兆ベクレル(2)
  セシウム137で  3.2兆ベクレル(3)
です。スギ花粉の1個の重さははおよそ1兆分の12g( ng)(4)ですので、スギ花粉大のセシウム137の粒子があればこれで38ベクレル(12×3.2)の放射能にあります。100gの土くれを想定し
 1個の衝突 1キログラム当たり  480ベクレル
 2個の衝突 1キログラム当たり  960ベクレル
 5個の衝突 1キログラム当たり1、900ベクレル
10個の衝突 1キログラム当たり4、800ベクレル
になります。福島県郡山市の土壌中の放射性セシウム濃度は1kg当たり数千ベクレル程度なので(5)、スギ花粉大のセシウム粒子が数個衝突すれば実現できます。セシウム粒子が1個衝突する確率をpとすれば、2個はp×pに3個はp×p×pになります。量が大きくなると一定の割合で順次減っていく分布になると思います。このような分布として指数分布があります(6)。
 以下に2011年に検査された福島市産の桃の累積分布(7)と指数分布を仮定したときの値を示します。
brg140218a.gif
 ※(8)のデータを集計
 図―1 福島市産桃の放射性物質濃度の累積分布と指数分布を仮定した近似

 実際の累積分布と指数分布を仮定したときの近似はほぼ一致しており、放射性物質の濃度分布は、「指数分布」でほぼ近似できます。

②中間貯蔵施設に搬入される放射性物質の平均濃度は1キログラム当たり11,500ベクレル
 中間貯蔵施設では1キログラム当たりで
  8000ベクレル以下のもの 1,006万m3
  8000ベクレルを超えたもの1,035万m3
 などの他合計で2、200万?の放射性物質汚染物を保管する計画です(9)。おおよそ8000ベクレル以下と8000ベクレル超が半々です。このようにデータの中央値に並べた値を中央値と呼びます(10)。指数分布では
  平均値×0.6931=中央値
になりますので(6)、
  平均値=中央値÷0.6931
です。だだしln(2)=0.6931としています。すると平均値は1キログラム当たり
 11,500ベクレル
程度になります。

③回収される放射性物質は316兆ベクレル
 国は除染ゴミを中間貯蔵施設に輸送する計画をたています。たとえば25トンダンプで運ぶ場合は1台当たりで20m3、25トンの除染ゴミを運ぶ計画を立ています(11)。1m3当たり1,250kg(25トン÷20×1000)です。総量は2,200万立方メートルなので、重さに換算すると
 275億キログラム(2,200万×1,250)  
です。これに平均値を掛けると、中間貯蔵施設に保管される放射性物質の総量は
 316兆ベクレル
で、福島にばら撒かれた放射性物質の総量1,700兆ベクレルの2割以下です。国は除染をしますと言ってますが(12)、8割以上の放射性物質は福島に放置するつもりです。

<余談>
 セシウム137は1、000兆ベクレル程ばら撒かれていますので(1)、約830兆ベクレルがそのまま放置されることになります。セシウム137は30年でやっと半分になるので、100年後でも10%は残る計算です。100年後も福島には83兆ベクレルのセシウム137が放置されます。(=^・^=)が生きているうちは福島に近づかないのが無難みたいです。


―参考にさせていただいたサイト様および引用した過去の記事―
(1)【120524】東北地方太平洋沖地震の影響による福島第一原子力発電所の事故に伴う大気および海洋への放射性物質の放出量の推定について|TEPCOニュース|東京電力
(2)セシウム-134(134Cs) | 原子力資料情報室(CNIC)
(3)セシウム-137(137Cs) | 原子力資料情報室(CNIC)
(4)質量の比較 - Wikipedia
(5)農地土壌の放射性物質濃度分布図(郡山市)
(6)指数分布 - Wikipedia
(7)累積分布関数と確率密度関数
(8)報道発表資料 |厚生労働省
(9)除去土壌等の中間貯蔵施設の案等について|除染で取り除いた土壌等の管理|除染情報サイト:環境省
(10)中央値 - Wikipedia
(11)中間貯蔵施設への除去土壌等の輸送に係る検討会|除染で取り除いた土壌等の管理|除染情報サイト:環境省
(12)除染情報サイト:環境省
スポンサーサイト
  1. 2014/02/18(火) 21:42:59|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<福島のセシウムは200万人分の致死量 | ホーム | 福島でも大雪だが柏崎刈羽は雪が降らず―原発止まれば「豪雪」止まる―>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/tb.php/982-e0aa4aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)