めげ猫「タマ」の日記

一寸気になったどうでもいい事を記事に

福島第一汚染水、海洋放出は「安全」?

 福島第一汚染水の海洋放出がほぼ決まりました(1)。「安全」か心配なので、(=^・^=)なりに調べると
・ウランやウランから生成される放射性物質(2)は除去してない(4)。
・東京電力はトリチウムを飲んでも安全と説明していますが(5)、食べて「安全」とは言っていない。
・2010年に日本で最もトリチウム排出した玄海原発では、女の子が多く生まれた。
等の特徴があり、「安全」と言い切るのは無理があります。

1.福島第一汚染水
 地下水がタービン建屋に流れ込んだり、海岸の井戸からタービン建屋に送り込んだ地下水で汚染水は増えていきます(7)。
ドンドン増える福島第一汚染水
 ※(8)を集計
 図―1 どんどん増える福島第一汚染水

 最新の発表(9)を集計すると総量で約113万トンに達します。以下にタービン建屋から汲み上げた直後のセシウム137の濃度をします。 
2016年度以降は上昇が続く福島第一セシウム137
 ※(10)を集計
 図―2 タービン建屋から汲み上げた直後の汚染水のセシウム137濃度

 図に示すようにそれまで下がっていたのですが、2016年度あたりから上昇に転じ、最近の測定では1リットル当たり1億ベクレルをこえるようになりました。概ね1リットル当たりで1億ベクレル程度でしょうか?法定限度は1リットル当たり90ベクレルですので(11)、100万倍以上の高濃度です。これを処理装置を通し(2)、汚染水タンクに保管しています。浄化装置をとうしても、東京電力はトリチウムは除去できないと言っています(3)。
 東京電力は2020年末までに汚染水発生量を1日当たり150トン以下にすると言っていますが(13)、今の所は上手くっていません。東京電力の発表(8)を集計すると今年前半(半年間)で1日当たり202トンの増加です。
 汚染水の発生をお避ける為に、原子炉やタービン建屋の回りを氷の壁で囲み「水」の侵入を防止しようと「凍土壁」が作られました。以下に構造を示します。
凍土壁、海側遮水壁、サブドレン、地下水ドレン
 ※(3)(13)にて作成
 図―3 凍土壁、海側遮水壁、サブドレン、地下水ドレン

 「凍土壁」では阻止できずに流れ込んだ「水」の総量です。以下に推移を示します。
あまり減らない凍土壁透過水量
 ※1(4)を集計
 ※2 サブドレンはサブドレン汲み上げ量、流入は建屋流入量、海岸部はウエルポイント、地下水ドレンの合計汲み上げ量
 図-4 「凍土壁」で阻止できなかった「水」の量

図に示すように凍土壁で阻止できなかった「水」の量はあまり減っていません。凍土壁は2017年8月に「完全凍結」がはじっまたので、先月と完全凍結開始間前の同月との流量を比較してみました。
 2017年6月 1日当たり平均で831トン
 2018年6月 1日当たり平均で752トン
で、凍土壁をすり抜け内側に流入する水の量は10%しか減っていません。
 図―1の様に汚染水は増え続けています。それにともなって福島第一は汚染水タンクで一杯になりました。

タンクが一杯の福島第一原発
 ※(3)を引用
 図―5 汚染水タンクがいっぱいの福島第一

2.汚染水海洋放出
 2015年1月19日に福島第一で汚染水タンクの増設工事をしていた下請けさんが、タンクの天井から転落し、翌日に亡くなる事故がおきました(16)。
brg150121a.gif
 (16)を転載
 図―6 下請けさんの死亡事故を報じる福島県の地方紙・福島民報

 汚染水タンクの増設工事を急いでいたようですが、これが遠因との見方もあります(16)。翌日の2015年1月21日の原子力規制員会で(17)、福島第一汚染水の海洋放出にも触れた「中期的リスクの低減目標マップ」(18)が審議されました。そしたら、傍聴席から
 「海洋放出は認められません。」
とヤジがとんできました。そしたら当時の(前)規制委委員長が
 「人が死んでもか」
とつぶやいていました(19)。このやり取りが福島第一の汚染水問題の深刻さを示していると思います。
 東京電力は柏崎刈羽原発の再稼働を目論んでいます。(=^・^=)の試算では現在は適合性審査(安全審査ではない)中の6,7号機の再稼働ができれば、年間で2,36億円の燃料代が節約できます(20)。東京電力にとっては打ち出の小槌です。
 2017年7月10日の原子力規制員会に東京電力社長が呼び出され(21)、柏崎刈羽原発の再稼働の条件として
「福島第一原子力発電所の廃炉を主体的に取り組み、やりきる覚悟と実績を示すこと」
が提示されました(22)。議事では
「汚染水のトリチウムの問題、トリチウム処理水の排水の問題」
等の当時の(前)規制委員長発言があり(23)、具体的には福島第一の汚染水の海洋放出を柏崎刈羽原発の審査・合格の条件とするような内容です。東京電力はこの条件を受け入れると回答し(24)、2017年12月26日に柏崎刈羽原発の設置許可が認可されました(25)。ただし、これで審査・合格ではありません。原発の再稼働審査は設置許可基準審査、工事計画審査、保安規定審査の3ステップがあります(26)。柏崎刈羽原発が合格したのは「設置許可」だけ(27)で「工事計画」と「保安規定」が残っています。そして2017年8月19日を最後に審査会合は開かれておらず「工事計画」と「保安規定」の審査は進んでいません。
 前新潟県知事は野党系で原発再稼働に慎重でしたが(28)、6月10日の知事選挙で与党系に変わり再稼働の「知事の同意」の可能性が出てきました(29)。東京電力としては審査合格⇒地元(新潟県知事・立地市村)の同意⇒柏崎刈羽原発再稼働に進みたいと思います。そして6月14日に東京電力は福島第二の廃炉方針を発表しました(30)。これについては、福島第二の廃炉を福島県に示すことで、福島県に汚染水の海洋放出への協力を得ることが目的との見方が出ています(31)。その先は「柏崎刈羽原発」の適合性(安全ではない)審査合格です。
 7月11日には、国が福島第一の汚染水処分を決めました(32)。
汚染水処分方針決定を報じる福島県の地方紙・福島民友
 ※(33)を7月12日に閲覧
 図―7 福島第一汚染水処分の決定を報じる福島県の地方紙・福島民友

 7月13日には国の審議会が福島第一汚染水処分について公聴会を決定しました(34)。実質は海洋投棄を決めた内容です(1)。翌14日には、福島では海開きが行われました(35)。
福島の海開きを報じる福島県の地方紙・福島民報
 ※(36)を7月15日に閲覧
 図―8 福島の海開きを報じる福島県の地方紙・福島民報

 海開きの前日に福島の海を汚す決定しなくてもよいと思うのですが、そのような配慮はなかったようです。新潟県知事が与党系に変わってから、福島第一汚染水の海洋投棄の流れが一気に進んだ気がします。きになるのは「安全」か否かです。

3.トリチウム水?
 処理装置を通した後の汚染水は報道などでは「トリチウム水」との表記がつかわれます(34)。東京電力は処理装置を通した後の汚染水について
「現在は、トリチウム以外のほとんどの放射性物質を取り除く『多核種除去設備(ALPS)※』で、浄化処理を進め、更なるリスク低減を図っています。」
と表記しています(3)。トリチウム以外は概ね取り除けるとしています。そして、処理装置で取り除ける62種の放射性物質を示しています(4)。原子力発電の燃料はウランです(37)。ウランからはいろいろな放射性物質ができます(2)。62種の表(4)見ると、ウランやウランからでいる放射性物質(2)はありません。ウランは天然に存在します。例えば海水に含まれています(38)。東京電力の解釈は「天然」であり「人工」の放射性物質ではないだと思います。でも、原発ではウランを燃料にするので(37)、ウランが集中的に集めらます。福島第一汚染水は普通の水より、多くのウランに触れています。
 フランを集めた兵器に劣化ウラン弾があります。劣化ウラン弾は人体に被害を与える恐れがあるそうです(38)。同じような事はウランをかき集めた核燃料に、そして溶け落ちた核燃料(デブリ)に触れた汚染水も被害を与える可能性がありそうです。
 
4.トリチウムとは放射性の水素
 私たちの身の回りの物質は概ね分子からできていますが、分子は1または複数の原子からできています。原子は中心に+電気(荷)をもった陽子と電気(荷)を持たない中性子があり、外側を―電気(荷)を持った電子からできています。
 普通の水素は1個の電子と1個の陽子でできていますが、トリチウムは1個の電子と1個の陽子の他に2個の中性子を持っています。
brg130917a.gif
 ※(40)にて作成
 図-9 普通の水素とトリチウム

 普通の水素は安定で自然に変化するとこはありませんが、トリチウムは不安定で自然に殆ど光速に近い電子とニュートリノを放出して、ヘリウムに変化します。半分のトリチウムがヘリウムに変化するのに約12年を要します。でも24年たつとなくなるかと言えば半分の半分の4分の1は残ります(41)。

5.トリチウムは安全―東京電力―
 東京電力はトリチウムは安全であると主張しています。理由は以下の2点です。
 ①トリチウムが出す放射線のエネルギーは非常に小さい。
 ②トリチウムは概ね「水」して存在し、特定の器官に溜まることなく直ぐに体外にでる(5)。
 トリチウムの出すエネルギーは0.0186MeVで、セシウム137の出す放射線のエネルギー1.174MeV(42)の60分の1程度です。
 ※1MeVはおよそ6兆分1ジュールないしは26、000兆分の1Cal(キロカロリー)です((43)より(=^・^=)が計算)。
 人間の体の60%は水分で(44)、体重60kgの人は36リットルが水になります。体重60kgの人は2リットルの水をとるとすと18日(36÷2)で水は入れ替わります。誤ってトリチウム入りの水を飲んでも直ぐに体の外にでて行きます。東京電力の資料によれば、1ベクレルを摂取した場合
 セシウム137では0.013マイクロシーベルトの被爆をしますが
 トリチウムでは0.0000183マイクロシーベルトの被爆をしますが
です。東京電力は
「○セシウム-134、137に比べ、単位Bqあたりの被ばく線量(mSv)は約1,000分の1」
と主張しています(5)。ただ(=^・^=)が計算すると700分の1ですが・・・・

5.DNAに取り込まれるので危険
 DNAは遺伝を司る物質で生物の設計図のです。設計図が壊れてはとんでもないことが起こります。DNAの構造をみるとセシウムやストロンチウムあるいはカリウムはありませんが、水素は確りあります。
brg130916d.gif
 ※(46)による。
 図―10 DNAの分子構造

トリチウムはDNAに取り込まれるので、他の放射性物質より危険であるととの主張があります。すなわちDNAに取り込まれたトリチウムが放射線を出すときにDNAその物を壊すとの主張です(47)。特に遺伝に対する影響が心配されているみたいです(48)。
 福島第一から海に投棄されたトリチウムをはトリチュウム蒸気となり雲にを形成し、風に流され山にぶつかり、トリチウム雨となり田んぼに貯められやがてトリチウム混入米ができると思います。
 以下に福島第一汚染水のトリチウム濃度の推移を示します。
2016年度以降は上昇が続く福島第一トリチウム
 ※(10)を集計
 図―11 汚染水のトリチウム濃度 

 図に示す様に当初は低下していたのですが、2016年度から急に上昇しています。最近では1リットル当たり230万ベクレルです。これは東京電力福島第一の現在の排水基準の1リットル当たり1,500ベクレル(11)の1,533倍、法定限度(告示濃度限度)の1リットル当たり6万ベクレル(11)の38倍です。汚染水の海洋放出となればこれまでにはない大量のトリチウムが福島の海に流されます。放出されたトリチウムはトリチュウム蒸気となり雲にを形成し、風に流され山にぶつかり、トリチウム雨となり田んぼに貯められやがてトリチウム混入米ができると思います。
brg140819d.gif
 ※ (=^・^=)の想像図
 図―12 福島トリチウム混入米

 これを食べたら体内のDNAに取り込まれ、障害が起きるかもしれません。

6.玄海では
 福島事故後に二種類の避難地域が設定されました。一つは福島第一20km圏内に設定された「警戒区域」です。ここは事故直後の2011年3月12日に避難指示がだされており、多くの方が被ばくを免れました。もう一つが事故後にしばらくして放射線量が高い事が分かり設定されら「計画的避難区域」です。飯舘村の全域と葛尾村の大部分が計画的避難区域になりましたが、避難区域設された他の市町村は大部分は「警戒区域」です(49)(50)さらに飯舘村のおおよその避難が完了したには事故から3ヶ月以上過ぎた2011年6月22日です(49)。主な地域が逃げ遅れた計画的避難区域だったのは飯舘村と葛尾村だけです。飯舘村等の計画的避難区域はいわば逃げ遅れた避難区域です。以下に位置を示します。
事故8年目も汚染が続く福島
 ※1(51)のデータを元に(52)に示す手法で7月1日に換算
 ※2 旧計画的避難区域は(50)による。
 図―13 福島県飯舘村と葛尾村

 事故から8年目になりますが、図に示す通り国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超(53)えた地域が広がっています。飯舘村は今も汚染されたままです。 
 福島では避難の遅れた計画的避難区域がほぼ全域で指定された飯館村・葛尾村では、事故後は女の子が多く生まれるようになりました。以下に示します。
事故後に女の子が多く生まれるようになった福島県飯舘村・葛尾村
 ※(54)を集計
 図―14 飯舘村・葛尾村合計の赤ちゃん誕生数

 統計的な差もあります(55)。通常は男の子が多く生まれるので(56)、異常な事態です。福島の女性はお隣の茨城や宮城に比べても大変に綺麗です。
海開きを宣言する福島の綺麗な女性
 ※1(57)をキャプチャー
 ※2名前は(35)による。
 図―15 海開き宣言をする福島の綺麗な女性(佐藤朱莉さん)

 でも喜んでばかりもいられないようです。放射線影響研究所は、広島や長崎の原爆投下で遺伝的影響が起きていない根拠の一つに生まれて来る赤ちゃんの男女の割合(出生性比)に異常がないことをあげています(58)。広島や長崎では見つからなかった事が福島の飯舘村や葛尾村では起きています。 
 事故前から原発などではトリチウムが放出されていました。以下に2010年の原発毎のトリチウム廃出量を示します。
brg140819b.gif
 ※(59)にて作成
 図―16 トリチウム廃出量

 図に示す通り玄海がトップです。事故後は停止し、再稼働したのは今年(2018年)です(60)。影響があるなら事故直後は女の子が多く生まれ、その後は通常通り男の子が多く生まれるようになるはずです。0歳児人口は概ね前年に生まれた赤ちゃんの数だと思います。以下に玄海原発が立地する玄海町の0歳児人口を示します。
事故後2年は女の子が多くまれた玄海町
 ※(61)にて作成
 図―17 玄海町の0歳児人口

 統計的に明確な差があるとは言えませんが、停止直後は女の子が多く生まれ、しばらくして、通常通り男の子が生まれるようになりました(56)。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 新潟県知事が与党系に変わってから、福島第一汚染水の海洋放出に向けた動きが急に動きだした気がします。このまま突き進みそうです。下請けさんの負担を考えれば仕方がないのかもしれません。ただし、(=^・^=)は海洋放出が始まれば「フクシマ産」だけでなく、宮城や茨城産も購入を自粛すると思います。少し許せないのが、海開きに合わせたように「海洋放出」を決定することです。図―15に示す様に海開きを宣言した佐藤朱莉さんは大変に綺麗な方です。彼女の努力を無にしかねない海開き前日の「海洋放出」決定は、あまりに配慮がないと思います。これでは福島の皆さんは不安だと思います。
 福島を代表する果物にモモがあります。伊達市も主要な産地のひとつです(62)。少しドタドタしましたが、今年もTOKIOのモモのCMがオンエアーされました(63)。福島はモモの季節です。福島県伊達市のモモは伊達のももは「おいしさの粒揃い」だそうです(64)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(65)。でも、福島県伊達市のスーパーのチラシには福島産モモはありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県伊達市のスーパーのチラシ
 ※(66)を引用
 図―18 福島産が無い福島県のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県伊達市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。


―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)福島第1原発のトリチウム水、処分を議論 海洋放出軸に  :日本経済新聞
(2)ウラン系列 - Wikipedia
(3)汚染水の浄化処理|東京電力
(4)(3)中の多核種除去設備による除去効果が見込まれる核種(PDF 20.4KB
(5)福島第一原子力発電所でのトリチウムについて 平成 ... - 東
(6)報道配布資料|東京電力
(7)(6)中の「建屋への地下水ドレン移送量・地下水流入量等の推移 」
(8)プレスリリース|リリース・お知らせ一覧|東京電力ホールディングス株式会社ちゅの「福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び
(9)福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について(第360報)|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(10)(6)中の「水処理設備の放射能濃度測定結果」
(11)サンプリングによる監視|東京電力
(12)中長期ロードマップ|東京電力
(13)(12)中の「中長期ロードマップ⇒2017年9月26日(第3回廃炉・汚染水対策関係閣僚等会議)⇒(資料1)中長期ロードマップ改訂案について(391KB)
(14)サブドレン・地下水ドレンによる地下水のくみ上げ|東京電力
(15)陸側遮水壁|東京電力
(15)(12)中の「中長期ロードマップの進捗状況⇒2018年6月28日(廃炉・汚染水対策チーム会合 第55回事務局会議)⇒めげ猫「タマ」の日記 福島原発で死んだ下請けさんは「国策」の犠牲者―でも何もしない安倍出戻り総理―
(17)第51回 原子力規制委員会 | 原子力規制委員会
(18)(17)中の東京電力株式会社福島第一原子力発電所の中期的リスクの低減目標マップ(平成27年1月版)(案)について【PDF:195KB】
(19)平成26年度 第51回原子力規制委員会 (平成27年1月21日) NRAJapan
(20)めげ猫「タマ」の日記 新潟県知事選の争点
(21)第22回原子力規制委員会 臨時会議 | 原子力規制委員会
(22)(21)中の参考資料 基本的考え方【PDF:38KB】
(23)議事録【PDF:266KB】
(24)原子力規制委員会に対する回答書の提出について|お知らせ|東京電力ホールディングス株式会社
(25)第57回原子力規制委員会 | 原子力規制委員会
(26)新規制基準適合性に係る審査・検査の流れ | 原子力規制委員会
(27)柏崎刈羽原子力発電所 6・7号炉 関連審査会合 | 原子力規制委員会
(28)米山隆一 (政治家) - Wikipedia
(29)新潟県知事選で当選した花角英世が一週間で豹変し「原発再稼働は当然ありうる」! 背後に官邸と経産省の意向|LITERA/リテラ
(30)福島第二原子力発電所に関する福島県知事との意見交換内容について|お知らせ|東京電力ホールディングス株式会社
(31)めげ猫「タマ」の日記 福島第二廃炉、狙いは柏崎刈羽の再稼働
(32)福島第1、トリチウム水処分へ タンク跡地にデブリ保管、政府|全国のニュース|Web東奥
(33)福島民友新聞社 みんゆうNet -福島県のニュース・スポーツ-
(34)30日富岡、31日郡山 来月トリチウム水処分公聴会 | 県内ニュース | 福島民報
(35)待ってたぞ!夏 いわきで海開き | 県内ニュース | 福島民報
(36)福島民報
(37)核分裂とウラン燃料|原子力発電の概要|原子力発電について|エネルギー|エネルギー・安定供給|関西電力
(38)ホントに海水からウランが取れた:日経ビジネスオンライン
(39)劣化ウラン弾 - Wikipedia
(40)三重水素 - Wikipedia
(41)半減期 - Wikipedia
(42)セシウム137 - Wikipedia
(43)電子ボルト - Wikipedia
(44)水web - 水とカラダ - 人間の体の60%は水
(45)人間が1日に必要とする水の量は?
(46)デオキシリボ核酸 - Wikipedia
(47)DNAの中にまで入り込むトリチウムの特別な危険性
(48)昭和58年 原子力委員会月報28(9)国立遺伝学研究所
(49)飯舘村 - Wikipedia
(50)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(51)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(52)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(53)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(54)福島県の推計人口(平成30年6月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(55)めげ猫「タマ」の日記 避難指示解除15ヶ月の福島県飯舘村、赤ちゃんは生まれず
(56)出生性比
(57)いわきで海開き|NHK 福島県のニュース
(58)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 – 公益財団法人 放射線影響研究所 RERF
(59)参考資料>トリチウム 日本の発電用原子炉トリチウム放出量 (2002年~2011年度)
(60)玄海原子力発電所 - Wikipedia
(61)推計人口(月報・年報) / さが統計情報館TOP / 佐賀県
(62)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(63)ふくしまプライド。
(64)農産物カレンダー - 福島県伊達市ホームページ
(65)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(66)西友保原店 - 店舗詳細|SEIYU
  1. 2018/07/15(日) 19:43:13|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TOKIO・CMスタート、福島産を食べて大丈夫?

 今日(7月14日)からTOKIOの福島産CMの放映開始です(1)。でも、福島産を食べてよいか心配です。 福島県のひらた中央病院が発表したアンケート結果(2)を(=^・^=)なりに集計すると、福島産米や野菜を共に許容する割合は
  福島県郡山市  46%
  福島県相馬市・南相馬市 7%
で、郡山市が断然に多くなっています。そこで葬式の増減を比較すると郡山市の葬式(死者数)は
 事故前年(2010年1-6月) 1,510人
 事故8年目(2018年1-6月)1,717人
で(3)、事故前に比べ14%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.033%でした。
相馬市・南相馬市の合計の葬式(死者数)は
 事故前年(2010年1-5月) 578人
 事故8年目(2018年1-5月)589人
で(4)少し増えていますが、統計的な差はありません。これでは、今年もTOKIOの皆様の呼びかけに答えることはできません。
 原発事故で福島は汚染されました。
事故8年目も汚染されている福島
 ※1 (5)のデータを(6)に示す手法で7月1日に換算
 ※2 旧避難区域は(7)による
 図-1 郡山市・相馬市・南相馬市といわき市

事故8年目ですが、図に示す通り福島では 国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超える(8)地域が広がっています。事故8年目の福島は汚染されたままです。多くの皆さまが、福島産を正しく恐れ避けたと思います。福島産農産物が売れなくなりました(9)。この状況を改善するために2012年よりTOKIOの福島産CMが流されるようになりました。今年はすったもんだあったようですが、今日(7月14日)から放映開始です。
TOKIOの福島産モモのCM
※(10)をキャプチャー
 図―2 福島県のモモのCM

TOKIOの皆様の呼びかけに答えるか迷うところです。そこで、福島県内で福島産を許容する方が多い地域と少ない地域を比較して、差が無ければ呼びかけに答えることにしました。
福島県のひらた中央病院が福島産米や野菜を避けるか、避けないかのアンケート結果を発表しています(1)。以下に結果を示します。
表ー1 福島産米や野菜を許容すかのアンケート結果
 ※ (1)を集計
福島産許容する割合が多い郡山市、少ない相馬・南相馬市

 表に示す通り、地域によって大きな差があります。相馬市・南相馬市では福島産米と野菜を共に許容する方は7%ですが、郡山市では46%の方が共に許容しています。いわき市はその中間です。そこで郡山市と相馬・南相馬市の葬式(死者)数を比較してみました。
 各年1-6月の福島県郡山市の葬式数を示します。
事故前に比べ有意に増えた福島県郡山市の葬式 
 ※1(3)を各年1-6月で集計
 ※2 震災犠牲者は(11)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―3 福島県郡山市の各年1―6月の葬式(死者)数

郡山市の葬式(死者数)は
 事故前年(2010年1-6月) 1,510人
 事故8年目(2018年1-6月)1,717人
で(3)、事故前に比べ14%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.033%でした。
以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。
 
 表―2 偶然に起こる確率の計算結果
 ※ 計算方法は(=^・^=)の過去の記事(12)による。
有意差検定表

 各年1-5月の相馬・南相馬市合計の葬式数を示します。
事故前に比べ殆んど増えていない福島県相馬市・南相馬市の葬式
 ※1(4)を各年1-5月で集計
 ※2 震災犠牲者は(11)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―4 福島県相馬・南相馬市の各年1-5月の葬式(死者)数

福島県相馬市・南相馬市合計の葬式(死者数)は
 事故前年(2010年1-5月) 578人
 事故8年目(2018年1-5月)589人
で(4)少し増えていますが、統計的な差はありません。
 なお、5月までとなったのは、相馬・南相馬市の発表は福島県の発表(4)によりますが、現時点(2018年7月14日)では5月までのためです。
 各年1―6月の福島県いわき市の葬式数を示します。
事故前に比べそれなりに増えた福島県いわき市の葬式
 ※1(13)を各年1-6月で集計
 ※2 震災犠牲者は(11)により、行方不明者を含み関連死を含まず
 図―5 福島県いわき市の各年1―6月の葬式(死者)数

 いわき市の葬式(死者数)は
 事故前年(2010年1-6月)2,113人
 今年(2018年1-6月)  2,209人
で、少し増えています。郡山と相馬・南相馬の中間でしょうか?
表―1とこれらの結果をまとめると以下の図ができました。
福島産を許容する程に増える葬式
 ※(2)(3)(4)(13) 
 図―6 葬式(死亡)増加率と福島産を許容する割合

 図に示すように福島産を許容する地域程、葬式が増えています。これでは今年も(=^・^=)はTOKIOの皆様の呼びかけに答えることが出来ません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 呼びかけに答えられないのは(=^・^=)だけではないようです。
 TOKIOのCMには福島産モモも登場します(1)。福島はモモの季節です。福島県福島市産のモモは糖度が高く濃厚な味わいだそうです(14)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(15)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産モモはありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県いわき市のスーパーのチラシ
 ※(16)を引用
 図―7 福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)TOKIO思い熱く 新CM完成 | 県内ニュース | 福島民報
(2)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(3)郡山市の現住人口/郡山市
(4)福島県の推計人口(平成30年6月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(5)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(6)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(7)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(8)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(9)「ふくしま復興のあゆみ」を更新しました。 - 福島県ホームページ中の(10)ふくしまプライド。
(11)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(週1回更新) - 福島県ホームページ
(12)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(13)地区別世帯数・男女別人口 | いわき市役所
(14)フルーツを食す《福島のサクランボ・桃・梨・ブドウ・りんご》 - 福島市
(15)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(16)イオン福島店 | お買物情報やお得なチラシなど
  1. 2018/07/14(土) 19:51:09|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どれが正しいの福島事故裁判報道

 7月11日の原発事故の刑事責任を問う裁判で、津波対策を検討した東京電力の社員が証言に立ちました。その証言内容の報道。発信を見ると
 ・近隣地域への影響が懸念され、対策は進まず(NHK)(1)
 ・防波堤をたてる対策について許認可などを調べるように指示があったが、設置場所などの具体的な検討についての指示はなかった(FCT)(2)
 ・旧経営陣が対策を先送り(毎日新聞(3)、FTV(4))
 ・想定外とは思いづらい(TV朝日系列、福島ではKFBの7月11日22時台の番組)
 同じ証言なのにあまりにも内容が違っていています。この中で怪しいのは、国民の知る権利を充足しないNHKだと思います(5)(6)。
 福島原発事故の最大の謎は福島原発事故の原因だと思います。
 ①「想定外」の津波で起こった(7)。
 ②十分に注意すれば「津波」は想定できたが、注意を怠り津波が想定できなかった。
 ③「津波」の危険性については、東京電力は薄々は感づいていたが、対策に莫大な費用がかかかるので、あえて無視した(8)。
です。
 東京電力の主張は「想定外」です。
事故前の2008年当時、 東京電力原子力・立地本部原子力設備管理部長を務めていた方(故人)(9)は、政府事故調で
「日本の地震学者、津波学者のだれがあそこにマグニチュード9がくるということを事前に言っていたんですか。」
と証言しています(10)。
 2012年4月には
「今回の津波は、それまでの知見では想定できない大規模なものでした」
とのプレス文を発表しています(7)。(=^・^=)が東京電力の発表を調べる限りでは、このプレス分を訂正する発表を知りません。さらには、東京電力柏崎刈羽原子力発電所の「安全対策」を紹介した漫画では福島事故について
「想定を上回る津波が過酷な事故への引き金となりました」
記載し、ここでも「想定外」を主張しています(11)(12)。
今も「想定外」を主張する東京電力
 ※(11)を引用
 図―1 東京電力の「柏崎刈羽の安全対策」を紹介した漫画

ただし、「想定外」との東京電力の説明はあまり信じられていないようです。そのためでしょうか?これをめぐり刑事裁判が行われています(13)。
 事故前に福島第一を襲った津波は想定されていました(14)。
 brg140919c.gif
 ※(10)を抜粋・加筆
 図―2 2002年の津波想定(福島第一原発付近)

 なぜか、福島第一原発付近の想定が消えていますが、周囲の溯上高で15mが想定されています。報道を見る限り(1)~(4)(11)、当時の東電幹部の皆さんがなぬ故この想定基づき対策を取らなかったのか、仮に取ったとして福島事故は防げたかです。
 7月11日の原発事故の刑事責任を問う裁判が開かれました。そこに、津波対策を検討した東京電力の社員様が証言に立ちました。この証言をNHK、FCT、毎日新聞、FTV、テレビ朝日系列が報じていまそた。
 NHKはこの東電社員様の証言内容について
「原発に巨大な津波が押し寄せる可能性があるとする社内の想定を受けて、事故の3年前に防潮堤のおおまかな工程や費用を検討した結果、完成までおよそ4年かかり、費用は数百億円にのぼると試算したと証言しました。
社員はこの検討結果を武藤元副社長に報告しましたが、沖合に防潮堤を建設すると遮られた津波が近隣の地域に影響することも懸念され、その後は具体的な対策としては進まなかったということです。」
と報じていました(1)。
「近隣地域への影響が懸念され、対策は進まず」との証言を発信するNHK
 ※(1)をキャプチャー
 図―3 「近隣地域への影響が懸念され、対策は進まず」との証言を発信するNHK

 
 「津波が近隣の地域に影響することも懸念され、その後は具体的な対策としては進まなかった」
との証言は技術的に見みると不自然な内容です。毎日新聞の報道によると、「防潮堤」長さは1.5~2kmです。以下に長さ2kmとした場合の配置予想を示します。
つくっても両サイドに広く敷地が広がるはずの福島第一防潮堤
 ※1 Google Mapで作成
 ※2 敷地境界は()による。
 図―4 防潮堤(想定)と敷地境界

 図に示す様に防潮堤の両側に福島第一敷地内で相当な隙間がとれます。防潮堤によって津波が回り込んでも、回り込む先は概ね「近隣」でなく「福島第一敷地内」です。津波が近隣の地域に影響するとは考え難いです。NHKが嘘をながしているか、証言した東電社員様が嘘をついているかです。
 福島のローカルTV局は、東電社員様の証言を
「武藤被告から防波堤をたてる対策について許認可などを調べるように指示があった」
「設置場所などの具体的な検討についての指示はなかった」 
と報じています。
「具体的な検討についての指示はなかった」との証言を報じるFCT
 ※(2)をキャプチャー
 図―5 「具体的な検討についての指示はなかった」との証言を報じるFCT

「具体的な検討についての指示はなかった」とし、なんとなく先送りを示す内容です。
 毎日新聞は
 「旧経営陣が対策を先送りした」
 「社員は2008年6月、社内の別グループが出した第1原発への想定津波の試算結果に基づき、元副社長の武藤栄被告(68)から、防潮堤の設置に必要な許認可などを調べるよう指示を受けた。社員は、原発の東側沖合に高さ20メートル、長さ1.5~2キロの防潮堤を設置することを想定して資料を作成。緊急発注すると最短16カ月後に着工でき、費用は数百億円になるとの概算を武藤元副社長に提出したが、対策は取られなかった。」
との証言を報じています(3)。
 福島のローカルTV局FTVは
 「当時検討された沖合に防潮堤を設置する案について、『決定から着工までの期間は16カ月』と試算し、建設には数百億円かかることを報告したと明かした。
そのうえで、武藤元副社長が対策を先送りしたとされる、2008(平成20)年7月に建設が決定していれば、翌年には工事が始まった」との証言を報じています(4)。
「決定から着工までの期間は16か月」との証言を報じるFTV
 ※(4)をキャプチャー
 図―6 「決定から着工までの期間は16か月」との証言を報じるFTV

 毎日新聞とFTVの報道とNHKの発信は以下の2点で違います。NHKは
「事故の3年前に防潮堤の<略>完成までおよそ4年」とし、たとえ着工したとしても震災にまでに完成せず事故は防げなかった事になります。一方で、毎日新聞やFCTは「 2008(平成20)年7月に建設が決定していれば、翌年には工事が始まった」と報じ、先送りしなければ翌年(2009年)には工事が始められ、事故の時に完成していなくても、ある程度の津波被害を防げた可能性を残す証言です。福島県の南隣の茨城県に東海第二原発があります(16)。2009年に「防潮堤」の工事を始めました(17)。福島第一と同じく2011年に津波が襲いましが、防潮堤が効果を発揮し、大事故は免れました(16)(17)。そして、このたびは原子力規制員会の適合性審査(安全審査ではない)に事実上合格しました(18)。毎日新聞とFTVの報道の通りなら、東海第二の例からして、2009年に防潮堤の工事を始めていれば「完成」していなくても、11年の津波襲来時にはある程度の効果は発揮され事故を防げたか、防げなくても軽減できたはずです。
 毎日新聞とFTVは「先送り」と報じています(3)(4)。一方でNHKは「近隣地域への影響が懸念され、対策は進まず」との発信を行い(1)、対策を検討し続けたような内容です。既に記載の通り「近隣地域への影響が懸念」は技術的に見て不自然です。
 テレビ朝日系列(福島ではKFB)は7月11日の22時台の番組で、東京電力が福島第一に襲来した津波を「想定外」と主張している(7)に対して、「想定外とは思いづらい」との東電社員様の証言を報じていました。
「想定外とは思いづらい」との証言を報じるテレビ朝日系列(福島ではKFB)
 ※テレビ朝日系列(福島ではKFB)は7月11日の22時台の番組をキャプチャー
 図-7 「想定外とは思いづらい」との証言を報じるテレビ朝日系列(福島ではKFB)

 7月11日の原発事故の刑事責任を問う裁判で、津波対策を検討した東京電力の社員が証言に立ちました。その証言内容の報道。発信を見ると
 ・近隣地域への影響が懸念され、対策は進まず(NHK)(1)
 ・防波堤をたてる対策について許認可などを調べるように指示があったが、設置場所などの具体的な検討についての指示はなかった(FCT)(2)
 ・旧経営陣が対策を先送り(毎日新聞(3)、FTV(4))
 ・想定外とは思いづらい(TV朝日系列、福島ではKFBの7月11日22時台の番組)
 同じ証言なのにあまりにも内容が違っていています。この中で怪しいのは、国民の知る権利を充足しないNHKだと思います(5)(6)。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 まずですがNHKだけは「報道」ではなく「発信」とさせていただきました。(=^・^=)の調べた範囲では、NHKの「発信」には「嘘」が多くおよそ「報道」と呼べるものではありません。NHKは何となくいいわけ部分をピックアップした気がします。NHKは殆どを「嘘」で固めた「柏崎刈羽再稼働」を推奨する番組を放送しています(19)。東京電力は「再稼働」をめざし柏崎刈羽は事故前に比べて大幅に安全になったと主張しています(20)。東京電力が原発を「安全」に運営するには福島事故の原因を究明し、再発防止を図るべきとおもいます。報道内容を見る限り福島事故が「想定外の津波」で起こったとの主張(7)は無理があると思います。(=^・^=)には単なる言い逃れしか見えません。東京電力に汚染された福島を多くの人が警戒し、避けていると思います。ところが、これを東京電力は「風評被害」と主張しています(21)。多くの福島の皆さまはこの主張を信じないと思います。
 福島を代表する果物にモモがあります(22)。福島県知事は今年も福島のモモのPRをしたそうです(23)。福島はモモの季節です。福島県福島市産のモモは糖度が高く濃厚な味わいだそうです(24)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(25)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産モモはありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(26)を引用
 図―8 福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。



―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)沖合の防潮堤検討した社員が証言|NHK 福島県のニュース
(2)ニュース|福島中央テレビ
(3)東日本大震災:福島第1原発事故 東電強制起訴公判 防潮堤工程案を「旧経営陣先送り」 - 毎日新聞
(4)ローカルTime FNN被災地発...
(5)【電子版】NHK受信料「合憲」 国民の知る権利を充足-最高裁(更新) | 商社・流通・サービス ニュース | 日刊工業新聞 電子版
(6)めげ猫「タマ」の日記 福島事故、津波対策な経営判断に従うとNHK
(7)今回の津波は、それまでの知見では想定できない大規模なものでした|東京電力
(8)めげ猫「タマ」の日記 福島原発事故は「未必の故意」?
(9)吉田昌郎 - Wikipedia
(10)政府事故調査委員会ヒアリング記録 : 原子力防災 - 内閣府)中の「吉田 昌郎 東京電力福島第一原子力発電所長 ⇒事故時の状況とその対応について 3 ⇒吉田 昌郎-5(PDF形式:845KB)
(11)原子力発電所に質問です 柏崎刈羽原子力発電所の安全対策|東京電力ホールディングス株式会社
(12)めげ猫「タマ」の日記 福島事故は「想定外」を主張し続ける東京電力、想定外がまた起きて柏崎刈羽も事故りそう
(13)詳報 東電 刑事裁判「原発事故の真相は」|NHK NEWS WEB
(14)予測された日本海溝津波地震 想定されなかった津波被害
(15)中間貯蔵施設の概要|中間貯蔵施設情報サイト:環境省
(16)東海第二発電所 - Wikipedia
(17)東海第二原発は本当に危険な瀬戸際だった
(18)東海第2原発に「合格」 規制委、再稼働には時間  :日本経済新聞
(19)めげ猫「タマ」の日記 NHKの嘘放送、柏崎刈羽では働く人が減っている
(20)発電所の安全対策|柏崎刈羽原子力発電所|東京電力
(21)風評被害に対する行動計画の策定について|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
(22)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(23)ローカルTime FNN被災地発...
(24)フルーツを食す《福島のサクランボ・桃・梨・ブドウ・りんご》 - 福島市
(25)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(26)鎌田店|店舗・チラシ情報|リオン・ドール
  1. 2018/07/13(金) 19:45:14|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今年もTOKIOのCM、食べて大丈夫?

 今年もTOKIOの福島産CMが完成し、7月14日から流されるそうです(1)。そこで、CMにも取り扱われるモモについて調べて見ると
・旧避難地域を除けば福島の中でも汚染が酷い福島盆地が主要な産地である(2)。
・福島県は福島産モモは検査で安全を確認したと主張しているが(3)、福島県の検査には福島盆地産は無い。
・福島盆地の中心しで、日本一のモモの消費量を誇る福島市では事故前に比べ葬式が増えているが、そうでは無い相馬・南相馬市では増えていない。
などの特徴を見出しました。(=^・^=)はTOKIOのCMを見ても「フクシマ産」を買うことも、食べる事もありません。
 福島の夏の風物詩に福島県提供のTOKIOの皆さんのテレビCMでしょうか?今年はいろいろあったみたいですが、今年もテレビCMが完成し、7月14日から流れるそうです(1)。
TOKIOのCM完成を報じる福島県の地方紙・福島民報
 ※(4)を7月12日に閲覧
 図―1 福島産CMの完成を報じる福島県の地方紙・福島民報

 CMでは福島産モモ、キュウリ、トマトが扱われるそうです(1)。でも、福島は事故で汚染されて、いまも一部で避難地域が残る場所です(5)。食べて良いか心配です。そこでモモについて調べてみることにしました。
 福島のモモは福島県全域で栽培が盛んなわけではなく、福島盆地と呼ばれる狭い場所に集中しています(2)。以下に示します。
汚染されている福島盆地産のモモを検査していない福島県
 ※1(6)のデータを(7)に示す手法で7月1日に換算
 ※2 旧避難区域は(5)による。
 ※3 福島盆地の範囲は(8)による。
 ※4 図中のモモマーク一個は福島県のモモ検査1件を示し、(9)による。
 図―2 福島市・福島盆地と相馬・南相馬市

 図に示す様に福島盆地は旧避難地域を除けば福島でも汚染が酷い場所です。事故8年目になっても国が女全が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超えた(10)エリアが広がっています。福島のモモは8年間、汚染された地で作られています。モモの木もしっかりセシウムを吸ってるかもしれません。
 これにふいて福島県は今年も、福島産モモの「安全」を検査で確認したと広報しています(3)。図―2のモモマーク1個が検査1件ですが、図に示す様に福島盆地にはありません。福島県は汚染がい酷い主産地の福島盆地産を避けた検査で、今年も福島産モモの「安全」を確認したと主張し、避ける行為を「風評被害」と主張しています(11)。
 これでは産地の皆さんの健康が心配です。福島市は福島最大のモモの産地ですが(2)、県庁所在地では一世帯当たりのモモの消費量は日本一です(12)。以下に福島県福島市を中心に店舗を展開する福島の地域スーパーのチラシを示します(13)。
福島産モモがある福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(13)を引用
 図―3 福島市を中心に店舗を展開するスーパーのチラシ

 図に示す様に福島産モモが掲載されています。福島県福島市の皆さまは福島産モモをそこそこ許容しているようです。以下に各年1-5月の福島県福島市の葬式数を示します。
事故後に葬式が増えた福島県福島市
 ※1(14)を各年1-5月で集計
 ※2 震災犠牲者は(15)により、死者・行方不明者で集計し、関連死を含まず。
 図―4 福島県福島市の葬式数

 図に示す様に事故後に増えています。数値は
  事故前(2010年1-5月) 1,268人
  今年(2018年1-5月)  1,494人
で18%増えています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら0.002%でした。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。
 
 表―1 偶然に起こる確率の計算結果
 ※計算方法は(=^・^=)の過去の記事(16)による。
有意差検定表

 福島県のひらた中央病院は福島産米や野菜を拒絶するか否かのアンケート結果を発表しました(17)。以下に示します。

 表―2 福島産米を許容すかのアンケート結果
 ※ (17)を集計
郡山・三春で許容される福島産米

表に示す通り、地域によって大きな差があります。相馬市・南相馬市の合計では福島産野菜を許容する方は715人中で概ね4分の3の530人です。福島産野菜を許容する方は全体の4分の1程度です。果物のアンケート結果はありませんが、果物も同じと思います。以下に福島県と宮城県に店舗を展開し、福島県側の店舗は相馬・南相馬市に集中する地域スーパーのチラシを示します(18)。
福島産モモが無い福島県相馬市のスーパーのチラシ
 ※(18)を引用
 図―5 福島県側は相馬・南相馬市を中心に店舗を展開するスーパーのチラシ

 図に示す様に福島産モモが掲載されていません。福島県相馬・南相馬市の皆さまは福島産モモを拒絶しています。福島県の発表(14)から各年1-5月の葬式数を集計すると
 事故前(2010年1月―5月)578人
 今年(2018年1月―5月) 589人
で、ほんと変りありません。
 以上をまとめると
・旧避難地域を除けば福島の中でも汚染が酷い福島盆地が主要な産地である(2)。
・福島県は福島産モモは検査で安全を確認したと主張しているが(3)、福島県の検査には福島盆地産は無い。
・福島盆地の中心しで、日本一のモモの消費量を誇る福島市では事故前に比べ葬式が増えているが、そうでは無い相馬・南相馬市では増えていない。
などの特徴を見出しました。(=^・^=)はTOKIOのCMを見ても「フクシマ産」を買うことも、食べる事もありません。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 (=^・^=)は福島に対しては
 「買わない」「食べない」「出かけない」の「フクシマ3原則」
を決めています。でも、多くの福島の皆さまも同じ様です。図―3に示す様に福島では一部ですが福島産モモがチラシに載りました。福島はモモの季節です。福島県知事は福島産モモはおしいと言っています。
福島のモモは美味しいとすう福島県知事
 ※(19)をキャプチャー
 図―6 福島産モモはおいしいと発言する福島県知事

福島県は福島産は「安全」だと主張しています(3)。でも、福島県全域に店舗を展開するスーパーチェーン(20)の福島市の店舗のチラシには福島産モモはありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県に広く店舗を展開するスーパーのチラシ
 ※(21)を引用
 図― 7福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)TOKIO思い熱く 新CM完成 | 県内ニュース | 福島民報
(2)福島盆地 くだもの - Google 検索
(3)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(4)福島民報
(5)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(6)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(7)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(8)福島盆地 - Wikipedia
(9)品目から探す | 福島県農林水産物・加工食品モニタリング情報を「果物⇒ま行⇒も⇒モモ、モモ(施設)」で7月12日検索
(10)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(11)福島県風評・風化対策強化戦略について - 福島県ホームページ
(12)福島県・福島市|なるほど統計学園
(13)チラシ情報 | スーパーマーケットいちい
(14)福島県の推計人口(平成30年6月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(15)平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報(月1回更新) - 福島県ホームページ
(16)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(17)研究報告|ひらた中央病院 | 医療法人 誠励会 | 福島県 医療 介護 リハビリ
(18)Webチラシ情報 | フレスコキクチ中の「相馬店」
(19)ローカルTime FNN被災地発...
(20)ヨークベニマル/お店ガイド
(21)ヨークベニマル/お店ガイド
  1. 2018/07/12(木) 19:43:58|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

避難指示解除15ヶ月の福島県飯舘村、赤ちゃんは生まれず

 昨年3月31日に避難指示が解除された福島県飯舘村村内では(1)、解除後15ヶ月間に渡り赤ちゃんが生まれていません。飯舘村では事故の年に開かれた東京電力の説明会で「被ばくして子どもが産めなくなったら」と質問した若い女性がいました(2)。そして福島事故で子どもが生まれない村になりました。
 福島事故後に二種類の避難地域が設定されました。一つは福島第一20km圏内に設定された「警戒区域」です。ここは事故直後の2011年3月12日に避難指示がだされており、多くの方が被ばくを免れました。もう一つが事故後にしばらくして放射線量が高い事が分かり設定されら「計画的避難区域」です。飯舘村の全域と葛尾村の大部分が計画的避難区域になりましたが、避難区域設された他の市町村は大部分は「警戒区域」です(1)(3)さらに飯舘村のおおよその避難が完了したには事故から3ヶ月以上過ぎた2011年6月22日です(1)。主な地域が逃げ遅れた計画的避難区域だったのは飯舘村と葛尾村だけです。飯舘村等の計画的避難区域はいわば逃げ遅れた避難区域です。以下に位置を示します。
事故8年目も汚染が続く福島
 ※1(4)のデータを元に(5)に示す手法で7月1日に換算
 ※2 旧計画的避難区域は(3)による。
 図―1 福島県飯舘村と葛尾村

 事故から8年目になりますが、図に示す通り国が除染が必要だとする毎時0.23マイクロシーベルトを超(6)えた地域が広がっています。飯舘村は今も汚染されたままです。
 同村では事故の年に飯舘村では事故の年に開かれた東京電力の説明会が開かれました。そこで同村の若い女性が「被ばくして子どもが産めなくなったら」と質問しました(2)。
産めなくなったらと質問する飯舘村の綺麗な女性
 ※(7)を引用
 図―2 「産めなくなったら・・」と質問する飯舘村の女性

 以下に福島の合計特殊出生率を示します。
2011,12年と下がった福島の合計特殊出生率
 ※(8)を引用
 図―3 福島の合計特殊出生率

 図に示す通り、事故があった2011年と翌年に低下しています。合計特殊出生率は一人の女性が一生に産む子供の数の平均の数です(9)。2012年の福島は特異的に子どもが生まれ難くなりした。2012年の福島は彼女の質問の通りになりました。
 以下に年度毎の飯舘村の赤ちゃん誕生数を示します。
事故後に女の子が多く生まれる福島県飯舘村
 ※(10)を集計
 図―4 福島県飯舘村の赤ちゃん誕生数

 図に示す通り事故後は女の子が多く生まれています。2011年3月以降を集計すると
 男の子 162人
 女の子 207人
です。女の子が多くなっています。このような事が偶然に起こる確率を計算したら、統計的に差がるとされる5%(11)を下回る1.9%でした。通常は男の子が多くまれます(12)。飯舘村では女の子が多く生まれる異常な事態がおきました。図―2に示す様に福島の女性はお隣の宮城や茨城に比べても大変に綺麗です。でも喜んでばかりはいられないようです。放射線影響研究所は、広島や長崎の原爆投下で遺伝的影響が起きていない根拠の一つに生まれて来る赤ちゃんの男女の割合(出生性比)に異常がないことをあげています(13)。広島や長崎では見つからなかった事が福島の飯舘村では起きています。
 以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―1 偶然に起こる確率の計算結果(飯舘村)
 ※ 計算方法な(=^・^=)の過去の記事による(14)。
有意差検定表(飯舘村)

 同じ事は葛尾村でも起こっています。2011年3月以降の赤ちゃん誕生数は
 男の子 31人
 女の子 49人
で、偶然に起こる確率を計算したら統計的に差がるとされる5%(11)を下回る4.4%でした。以下に偶然に起こる確率の計算結果を示します。

 表―2 偶然に起こる確率の計算結果(葛尾村)
 ※ 計算方法な(=^・^=)の過去の記事による(14)
有意差検定表(葛尾村)

 それでも安倍出戻り内閣は「安全」だとして昨年3月31日に避難指示を解除してしまいました。でも、住民は戻らないようです。以下にい飯舘村村民の居住形態を示します。
 帰還が進まない福島県飯舘村
※ (15)を集計
 図-5 飯舘村の居住状況
 
図に示すように村への帰還が進んでいません。避難指示解除15ヶ月の2018年7月1日時点で飯舘村に住まわれているかたは
  全村民 5,754人中856人(14.9%)
です(16)。一方で図に示す様に村外での住宅取得等はどんどん増えています。住宅取得等で安定した住環境を手にれた方が村に帰還することはないと思います。
 飯舘村では村内居住者に内訳を示しています。その中に「出生」欄があります。みると避難指示解除後、15ヶ月連続して「0」です。飯舘村では事故の年に開かれた東京電力の説明会で「被ばくして子どもが産めなくなったら」と質問した若い女性がいました(2)。そして福島事故で子どもが生まれない村になりました。

<余談>
 図表が小さいとご不満の方はこちら、図表をクリックしてください。
 避難指示解除後に飯舘村民からは55人(男の子26人、女の子29人)の赤ちゃんがうまれました(10)。でも、全てが避難先での誕生なようです。
 岡本真夜さんは1995年にTOMORROWがヒットして有名になったシンガーソングライターです。事故前の2010年には上海万博のPRソング「2010等你来」Right Here Waiting for You 2010が、岡本の「そのままの君でいて」に酷似しているとして話題となりました(17)。これは(=^・^=)の感覚ですが、30代くらいの子育て世代の女性には彼女の歌に共感を覚える方が多いきがします。そして彼女自身もお母さんです(18)。
 今年の4月に岡本真夜さんは飯舘村を訪れミニコンサートを開きました。
福島県飯舘村を訪れた岡本真夜さん
 ※(19)を引用
 図―6 飯舘村でミニコンサートに臨む岡本真夜さん

 飯舘村は主に村外に避難している村民を対象にこども園を開設しています(20)。女の子が多く生まれているので、こども園も女の子が多くなっています。
女の子が多い飯舘村こども園
 ※(21)を引用
 図―7 女の子が多い飯舘村のこども園
 
 飯舘村の皆さまも女の子が多くまれている事に気付くはずです。
 6月に福島県は福島事故でに遺伝的な影響は心配ないとの資料を発表しました。いくつかの理由があきってあったのですが、飯舘村で見つかっている「出生性比」の異常は記載されていませんでした(22)。福島では不都合な事は無視され「安全」「安心」が喧伝されるようです。これでは福島の皆さまは不安だと思います。
 福島を代表する果物にモモがあります(23)。東京では福島産モモのPRが行われたそうです(24)。福島はモモの季節です。福島県福島市産のモモは糖度が高く濃厚な味わいだそうです(25)。福島県は福島産モモは「安全」だと主張しています(26)。でも、福島県福島市のスーパーのチラシには福島産モモはありません。
他県産はあっても福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ
 ※(27)を引用
 図―8 福島産モモが無い福島県福島市のスーパーのチラシ

 (=^・^=)も福島県福島市の皆さまを見習い「フクシマ産」は食べません。



―参考にしたサイト様および引用した過去の記事―
(1)飯舘村 - Wikipedia
(2)みんゆうNet 原発災害・「復興」の影-【10】“放射線と向き合う” 固執すると別のリスクが高まる恐れも(福島民友ニュース)
(3)避難区域見直し等について - 福島県ホームページ
(4)航空機モニタリングによる空間線量率の測定結果 | 原子力規制委員会中の「福島県及びその近隣県における航空機モニタリング(平成29年9月9日~11月16日測定) 平成30年02月20日 (KMZ, CSV)」
(5)めげ猫「タマ」の日記 半減期でしか下がらない福島の放射線(2017年)
(6)国(環境省)が示す毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠|東京都環境局 その他について
(7)承太郎のブログ: 飯舘村の女子高生「子供が産めない体になるのではないかと不安」
(8)10の指標にみる福島県のいまVer.29を掲載しました。 - 福島県ホームページ中の平成30年2月15日公表分 10の指標にみる福島県のいまVer.29 [PDFファイル/601KB] 
(9)合計特殊出生率 - Wikipedia
(10)福島県の推計人口(平成30年6月1日現在)を掲載しました。 - 福島県ホームページ
(11)有意水準とは - 統計学用語 Weblio辞書
(12)出生性比
(13)原爆被爆者の子供における放射線の遺伝的影響 – 公益財団法人 放射線影響研究所 RERF
(14)めげ猫「タマ」の日記 偶然に起こる確率の計算方法について
(15)平成30年7月1日現在の村民の避難状況について - 飯舘村ホームページ
(16)(15)中の平成30年7月1日現在の村民の避難状況 [PDFファイル/60KB]
(17)岡本真夜 - Wikipedia
(18)皆様にご報告。 | 岡本真夜オフィシャルブログ「Mayo Log」Powered by Ameba
(19)広報いいたて 平成30年5月号 - 飯舘村ホームページ
(20)めげ猫「タマ」の日記 福島・飯舘村・学校再開、子ども達は大丈夫?
(21)広報いいたて 平成30年7月号 - 飯舘村ホームページ
(22)第31回福島県「県民健康調査」検討委員会(平成30年6月18日)の開催について - 福島県ホームページ中の 参考資料4 放射線の遺伝的影響について [PDFファイル/767KB]
(23)ふくしまイレブンエッセイ - 福島県ホームページ
(24)県産モモ、キュウリPR JAふくしま未来、ヤフー本社で試食会 | 県内ニュース | 福島民報
(25)フルーツを食す《福島のサクランボ・桃・梨・ブドウ・りんご》 - 福島市
(26)安全が確認された農林水産物(公開用簡易資料) - 福島県ホームページ
(27)鎌田店|店舗・チラシ情報|リオン・ドール
  1. 2018/07/11(水) 19:44:50|
  2. -
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ